虫歯予防

お子様の虫歯予防のために

虫歯って何?

虫歯の原因菌には大きく2種類の菌があると言われています。 ミュータンス菌とラクトバシラス菌です。どちらもお口の中に住んでいて、食べ物のカス(特に糖分)を餌にして酸を産生します。

  • ミュータンス菌は粘着性を持ちツルツルの歯の表面にも住みつくことができますが、生み出す酸はそれほど強くありません。
  • ラクトバシラス菌は粘着性がないのでツルツルの表面には住めませんが、何か足がかりがあればそこに住みつき、ミュータンス菌よりも強い酸を生み出します。

歯の表面は常に虫歯菌が作り出す酸による脱灰(酸で歯の表面が柔らかくなること)と唾液中のミネラルによる石灰化を繰り返しています。 その繰り返しの中で脱灰が強まると柔らかくなった歯質が溶け出してゆきます。 これが虫歯の始まりです。歯が溶け出した部分はくぼみになり益々ミュータンス菌が住みやすい環境になり、さらにはより強い酸を生み出すラクトバシラス菌も繁殖し始めます。 こうして大切な歯が溶け出していってしまうのが虫歯です。

虫歯って予防できるの?

虫歯のリスクには3つの要因があります。 一つは歯の脱灰を起こす酸を生み出す細菌。丁寧な歯磨きでその量を少なくすることで虫歯のリスクを低下させることができます。虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には住んでいません。歯が生えるようになってから、周りの大人(主に保護者)の口から飛沫感染したり、大人が口をつけたものを口にすることで感染します。周りの大人も口の中を綺麗にすることで感染を最小限に抑えることができます。
二つ目は唾液の性質や量、歯の質です。細菌が歯の表面に付着して酸を生み出して歯を溶かす前に、産生された酸を中和する性質を持っていたり、たくさんの唾液が出て洗い流してしまえば歯は溶け出しません。また、酸が作られても、酸に溶かされにくい歯質であればすぐに虫歯にはなりません。
個人差はありますが、お口の中を絶えず綺麗にしておくことによって唾液の排出量は増え、酸を中和する性質も向上します。
また、フッ素を作用させることによって歯質は酸に溶けにくい性質になってゆきます。
三つ目は飲食の回数や間隔です。虫歯菌は食べ物屋飲み物に含まれる糖分を分解して酸を作り出します。作り出された酸は唾液で中和されたり、洗い流されたりして飲食後30分ほどで歯を溶かす作用が無くなってゆきます。30分以降は逆に石灰化が起こり、溶け出した歯のミネラル成分が再び歯に沁み込んで行きます。そのため1日の食事や糖質摂取の回数を減らすことによって、脱解の回数を少なくし、石灰化の時間を長くすることができます。

虫歯の予防ってどんなことをするの?

かみでんキッズ予防プログラム

予防プログラムでは最初にお子様のお口の中の細菌の数、種類、唾液の量、質、食事の回数や間隔、内容について診察や検査を行い、お子様の問題点や注意点を調べます。その上でお子様の問題点や生活習慣に合わせた予防のプログラムを作成し、実践してゆきます。具体的には

細菌に対するアプローチとして

ブラッシング指導、歯のクリーニング(機械を使って歯の汚れを落とします) お口の細菌の数を減らすためには毎日のブラッシングが重要です。汚れの染め出しを行い、磨き残しが多い部分をどう磨けば良いのか指導してゆきます。 歯のクリーニングでは粘りが出てきて歯ブラシでは落としにくい汚れを機械を使ってしっかりと落としてゆきます。

歯の質と唾液の質、量に対するアプローチとして

高濃度フッ化物療法
クリニックでしか使用できない高濃度のフッ素を塗布することによって歯の表面にフッ化物の皮膜を作り、そこから徐々にフッ素が歯に沁み込んでおよそ一週間くらいの期間歯を強化し続けます。
低濃度フッ化物療法
ご家庭で行う低濃度フッ化物療法は低濃度のフッ素をつかうことによってお口の中のフッ素が直接歯にしみ込んで歯を強化します。お手軽ですが効果は短時間で毎日繰り返し行うことで効果を発揮します
キシリトールガム
寝る前にキシリトールガムを噛む習慣をつけて噛む回数を増やすことで唾液の分泌量を増加させます。またキシリトールが持つ細菌の活動抑制作用や抗菌作用によて細菌が作り出す酸を減らします。

食事の回数や間隔についてのアプローチとして

食事カウンセリング
間食やお茶などの飲み物の習慣を含めた食事の回数や質を調べ、予防の観点から問題となる部分を改善するためにカウンセリングを行います。例えば毎日飲んでいるコーヒーにお砂糖を入れている方に対して、お砂糖をパルスイートなどの代用糖に変えていただくことはできないか?とか、夜の食事の後、夜食に甘いものを食べる習慣がある方に夜食の甘いものを食事の最後にデザートとして食べることはできないか?など、あれはダメ!これもダメ!ではなく、少しでも改善するために一緒に相談しながら考えてゆきます。